熱帯魚 グッピーの飼育【グッピーの飼育を楽しもう】
グッピーの飼育が初心者の方にもわかりやすく作りました

グッピー 餌

熱帯魚に餌を上げられない時

出張や旅行などで家を留守にして熱帯魚に餌を上げられない時、みなさんどうしてますか?
2,3日くらいなら、まだ床にたまった餌やプランクトンを食べられるので平気でしょうが、それ以上になると厳しくなります。
もちろん2、3日と言えども、ちゃんと餌をあげられることに越したことはありません。

あなたは可愛いグッピーちゃんが空腹で苦しんでいるのを、ほっておけますか?
ほっとおけますという人は、熱帯魚を飼わない方がいいかもしれません。
愛情がないとペットを長く飼うことはできませんから。

私はほっとおけませんという人にはとっておきな便利なものがあります。

フィッシュフィーダー 魚用自動給餌機日と時間、餌の量を設定するだけのカンタン設定!1日〜99...

この商品は、餌の量や時間や日にちを設定するだけで自動で餌をあげてくれる便利な商品です。
しかも最高99日まで設定ができるので、長期出張の時はもちろんですが、日々忙しくて餌をあげる時間がない方や、餌をあげるのを忘れがちなんて人にも使えますよね。

忙しい人なんかは、このフィッシュフィーダーで一か月分くらいの餌をセットしておくのもいいかもしれません。
機械のよいところは、正確にやってくれるところです。

時間や量を毎回正確にしようと思えば、かなりたいへんな作業です。
そんな手間をこの金額で解消できるのなら悪くないかなと僕は思います。

これで可愛いグッピーちゃんが空腹になる心配はありませんね(*^_^*)

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~


熱帯魚 グッピーの飼育 TOPページへ
タグ:熱帯魚

グッピー 繁殖

グッピーは稚魚を食べてしまう

グッピーの飼育の楽しみと言えば、やはり繁殖ではないでしょうか?
僕も昔グッピーが稚魚を出産して、すごくうれしかったのを覚えています。

しかし、グッピーのメスとオスを飼育しているのになかなか稚魚が育ってくれない。
稚魚が生まれたのに、すぐにいなくなってしまった。

グッピを飼育していてこんな経験をした人も少なくないと思う。
なぜグッピーの稚魚はいなくなってしまうのか?
グッピーの稚魚は比較的育てやすいと言われているが、やはり稚魚なのでとてもデリケートです。

水質などを常に意識してよくしてあげないと死んでしまいます。
あとは餌をちゃんとあげること。
まずこの二つはグッピーの稚魚を育てる上で最低条件です。

しかしこの二つをしっかりやっているのに、グッピーの稚魚がいなくなる場合もあります。
それはグッピーがグッピーの稚魚を食べてしまうからです。

もしあなたがグッピーの稚魚をきちんと育てて増やしていきたいのなら、妊娠しているメスを別の水槽や出産箱にわけて飼育する必要があります。

そして別の水槽などで稚魚をある程度育ててから、前の水槽に戻しましょう。
もし他の水槽に移すのがめんどうなら、水草などをたくさん入れて、稚魚の隠れる場所を作ってあげることです。

こうすることにより、多少稚魚が食べられるのを防ぐことができます。
やはりベストは出産箱などを用意して移すことです。

水草がほとんどなく、しかも大人のグッピーと一緒に稚魚を飼えば、ほぼ食べられてしまいます。
そうならない為にも、グッピーの出産のことなどをある程度勉強して知っておく必要があります。

この「熱帯魚 グッピーの飼育」でもグッピーの繁殖や稚魚の育て方について説明してありますので参考にして下さい。
熱帯魚に限らず、ペットを飼うには最低限知っておかなければいけない知識があります。

それをまったく知らないでペットを飼うことは、そのペットが可哀そうです。
自分の飼育しているペットが快適に過ごせるよう、飼育方法を勉強するのは、ペットを飼育する人の義務だと僕は思っています。
ペットの運命は僕たちにすべてかかってますからね。

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~


熱帯魚 グッピーの飼育 TOPページへ

グッピー 繁殖

グッピーがたくさん繁殖する理由

グッピーは、メスとオスをいっしょに飼育していると、どんどん繁殖していきます。
なぜこんなにもグッピは増え続けるのか?

今回はこの辺りを考えてみたいと思う。
まずグッピーが増え続ける原因として一番に考えられるのが、グッピーのオスは人間よりも女好きということです。

基本的にグッピーのオスは暇さえあれば、メスのケツを追っかけまわしてます。
まあグッピーの場合、24時間暇なわけですから、24時間女を追っていると考えても間違えではないと思います。

どうやら動物というのは暇なほど、子孫作りに励むようですね。
なんでも聞いた話によると、フィリピンの男性は仕事がなく暇な人が多いようですが、やはりフィリピンの男性も子供作りが大好きのようです。

まあ話がずれてしまいましたが、このオスの交尾好きが、グッピーの増え続ける一番の原因だと思っています。
しかもグッピーの世界では避妊がありませんからね(^^ゞ
人間の世界でも避妊の方法がなかったら今頃すごいことになってるでしょう。

しかもグッピーの場合は、一度受精するとメスは3回分くらいの出産に必要な精子をストックしておくことができるので、1回の交尾でかなりの稚魚を産むことができるんです。

このようなことがあり、グッピーはほっておくと増えていきます。
ただグッピーは、生まれたばかりの稚魚を食べてしまう習性があるので、稚魚の隠れ家などを用意してあげないと、生まれても生まれても、親グッピーの餌になってしまいますので注意が必要です。

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~


熱帯魚 グッピーの飼育 TOPページへ

グッピー 繁殖

グッピーの交尾

グッピーの交尾ってどうやるか知ってますか?
まあそんなことは知らなくても、何も問題ないんですが今回はグッピーの交尾について書きたいと思います。

鮭などの魚は皆メスが卵を産んで、そこにオスが精子をかけて受精しますが、グッピーはメスは直接子供を生みます。
ようはグッピーの場合は、交尾をしてメスのお腹の中で受精するんですね。

オスは交接器『ゴノポジウム(点点あり)』を左右に振りながら…固体によって実は利き腕ならぬ利き方向があるのですが…メスに時々接触しているようです。
オスはこの接触した時にゴノポジウムを挿入して射精しています。
オスのゴノポジウムは体に見合わずでっかいのですぐにわかるようですよ。

とこのあたりはどうでもいい話ですが、グッピーの交尾の特徴としては、メスは受精した後、3回分くらいの出産の精子をストックすることができます。

グッピーは一度受精すると、何回か出産を繰り返すということです。
この辺りはしっておくと、グッピーの出産の時に対処しやすいので覚えておいて下さいね。

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~


熱帯魚 グッピーの飼育 TOPページへ

グッピー コンテスト

グッピー コンテスト

こんにちわ。
今日もグッピーについて新しい情報を仕入れてきました。
今日の内容は、題名にもなっています「グッピーコンテスト」についてです。

グッピーコンテストというのはどんなものかというと名前の通り、グッピーの為のコンテストです。
ではグッピーの何を争うかというと、それはグッピーの美しさです。
人間で言うところのミスコンテストみたいなもんですね。

グッピー好きの人が集まり、みんな自分でブリーディングしたグッピーの中で最も綺麗な何ペアかを出品します。
このグッピーコンテストは毎年、数回全国各地で開催されているようです。

グッピーコンテストの参加費用はだいたい2000円前後くらいのようですね。
このグッピーコンテストは、出品するグッピーがいなくても参加することができますし、どこのコンテストでも最後に出品されたグッピーのオークションが行われるようなので、普段ペットショップでは手に入らない極上のグッピーを手に入れることができるかもしれません。

まあオークションなどをしないにしても、グッピーのマニアが集まる場所ですので、その場に行っていろんな人たちと交流するだけでもかなり勉強になるでしょうね。

今後グッピーのブリーディングを考えてる方は、勉強にもなるみたいなのでぜひ参加して見ましょう(^O^)/
グッピーコンテストの開催日時は、ネットなどで「グッピー コンテスト」と検索するといくつかお知らせのようなサイトが出てきますのでそちらを参考にして下さい。

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~


熱帯魚 グッピーの飼育 TOPページへ

コラム

日本にも野生のグッピーがいるらしい

こんにちわ。
頑張って2日連ちゃんでブログの更新をしております(^^)v

なんか今日発見したグッピー情報は、日本でもグッピーを捕まえることができる場所があるらしいですよ。
なんでもグッピーの飼い主が川や湖などでグッピーを放流させたのが、どんどん繁殖している場所があるらしいんです。

みなさんグッピーを川や池で捕まえたら感動しませんか?
子供の時メダカを捕まえただけでも嬉しかったのに、それがグッピーになったら最高ですよね♪

なんでも野生のグッピーは沖縄や温泉地などに生存しているケースが多いようですよ。
基本的にグッピーは水が温かくないと生きていけませんからね。

もしあなたが温泉地の地域に住んでいるならば、近くの川や池に野生のグッピーがいるかもしれませんよ。
残念ながら僕が住んでいる地域には温泉が近くにありませんので、野生グッピーを捕まえるのは難しそうです(^^ゞ

コラム

グッピーを野外飼育する

こんにちわ。
みなさんお久しぶりです。

最近全然この「熱帯魚 グッピーの飼育」ブログを更新やいじくることができませんでした。
やっと落ち着いたので、今日からちょくちょく更新していこうと思います。

今日ネットでグッピーのことを検索していたら、なんか夏になるとグッピーを野外で飼育する人もいるみたいですね。
まあたしかにあったかいからヒーターなんかもいらないのかな。

でもグッピーを野外で飼育するメリットってあるのだろうか?
野外だと水槽も汚れそうだし・・・
まあ水槽のおく場所によっては、いろんな人にグッピーを見てもらえるので、楽しいこともあるのかな。

あとはグッピーが嬉しいのかも♪
グッピーが嬉しいのなら、手間をかけても野外飼育やる価値あるかもね。
たまにはグッピーにも日光浴させてあげないとね(*^_^*)


熱帯魚 グッピーの飼育 TOPページへ

コラム

カクレクマノミが飼いたいかも♪

最近、千葉県印西にあるジョイフルホンダという超大型のホームセンターに遊びに行ってきました。
そこに熱帯魚が販売されていたのですが、僕は海水魚のカクレクマノミに一目惚れをしてしまいました。

カクレクマノミは前から写真では見たことがあったのですが、ああして生で見るのは初めてで、その可愛さにビックリ!
カクレクマノミって集団で泳ぐんですね☆

しかも水槽の前で指を動かすと、カクレクマノミが指を追っかけてくるんです(*^_^*)
それを見て超かわいいとはしゃいでしまいました。

ずっとグッピーを飼おうと思っていたのですが、ちょっとカクレクマノミを飼いたいという願望も出てきました。
ただ今まで海水魚は飼ったことがないのでちょっと不安もあります。

とりあえずカクレクマノミの飼育方法も勉強してみようかななんて思っている今日この頃です♪

コラム

この熱帯魚 グッピーの飼育のブログが

こんにちわ。
最近ブログの更新をご無沙汰しておりました。

今日久しぶりにブログランキングをチェックしたら、みなさんの応援の
おかげで熱帯魚でこの「熱帯魚 グッピーの飼育」のブログが8位に
いることを知りました。

みんさんいつも応援ありがとうございますm(__)m
応援して頂いているのだから、更新しなくてはいけないなと思いました。

最近は毎日が暑いですね。
もう熱帯魚の水槽もサーモヒーターがいらないんじゃないかってくらい。

僕も最近も在宅ワークをしてるのですが、クーラーのない部屋で作業しているので、暑くて身になりません(+o+)
グッピーのように暑さにつよい男になりたいです。

最近ひとつ決めたことがあります。
それは今やっているネットビジネスが起動に乗り、11月までに自分の決めている目標を達成したら、自分へのご褒美に熱帯魚を飼います。

なんだかんだでグッピーを飼いたい、飼いたいと思っているのですが、つい仕事のことを考えると躊躇してしまう自分がいました。
しかし、せっかくこのサイトを通じて、グッピーの飼育の方法も勉強したし、熱帯魚はやっぱり好きだから飼いたいです。

なので、今は自分の目標を達成するために、頑張ります!!!
そして目標達成してかならずグッピーを飼いたいです。
グッピーを飼い始めたら、このブログにもいろいろ紹介できてたのしくなるんだろうな♪

自分のグッピーとかブログで紹介したいし。
ちょっと熱帯魚を飼うのが予定より遅くなってしまいそうですが、それまでもできる限り、「熱帯魚 グッピーの飼育」の更新頑張りますのでみなさん暖かく見守っていてくださいm(__)m

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~


グッピー 水槽

熱帯魚にとってよい水質

熱帯魚にとって一番大事なのは水質といっても大げさではありません。
水槽の中の水質で熱帯魚の寿命が変わります。
可愛い可愛いグッピーちゃんが病気などにならない為にも
熱帯魚に合う水質を把握していないといけませんね。

多くの熱帯魚は弱酸性から中性の水質が合います。
グッピーも中性くらいの水質がいちばん適しているでしょう。

水質を保つにはまず水かえを定期的にやることと
ろ過能力の高いろ過ポンプを水槽に使うこと。
あとはひとつの水槽に入れる熱帯魚の数をあまり増やさなこと
は大事です。

上記の中でも一番だいじなのは、やはり水槽に水かえを定期的
に行うことでしょう。
最低でも2週間に1回は水槽の水かえを行いましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。