熱帯魚 グッピーの飼育【グッピーの飼育を楽しもう】
グッピーの飼育が初心者の方にもわかりやすく作りました

グッピーの病気

グッピー 病気 白点病

<症状>

グッピーの体表全体に、直径1mm以下の白い細かな点が現れます。
淡水魚の代表的な病気ですが、グッピーはそれほどかからないと
思います。
ただし、まったくかからないことはないので、油断は禁物です。

<原因>

白点虫イクチオフチリウス・ムルチフィリィスという繊毛虫が寄生することで発病します。
体表の白点はこの寄生虫そのものですが、寄生虫の周囲の
表皮が白変していることもあります。
白点が多いほど寄生の状態が進行していると判断できるので、
異変に気づいたら早急の治療をしましょう。

<対策>

新しく購入したグッピーを導入するときは病気がないことを確認してから入れましょう。
一般に20℃以下の水温でかかりやすい病気ですが、熱帯魚の
場合は25℃程度でも発生します。
飼育水温はなるべく高めに設定し、27℃前後を保っていれば寄生されることは少ないはずです。

<治療薬>


グリーンF、ニューグリーンF、グリーンFクリアー
、メチレメチレンブルーなどで薬浴させます。

薬剤は水草を枯らすことがあるので、薬浴中は別の水槽に
移しておきましょう。

人気blogランキングにご協力ください(^_^)/~
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。