熱帯魚 グッピーの飼育【グッピーの飼育を楽しもう】
グッピーの飼育が初心者の方にもわかりやすく作りました

グッピーの病気

グッピー 病気 水カビ病

グッピーの病気の水カビ病は、マウスファンガ
ス病、綿かぶり病などと呼ばれることもありますが、水カビ病が
正式な病名です。

<症状>
水カビが寄生して体表が綿をかぶったように白くなり、それが
グッピーの全身に広がって皮膚を腐らせます。
症状が進むと、水カビが繁茂した部分が溶け落ちることも
あるみたいです。

<原因>

体表の傷や、イカリムシ、ウオジラミなどの寄生によって
できた傷にミズカビ科の真菌を運んでくることも多いので、
新しく購入する時には要注意です。
特に輸入直後のグッピーは避け、少なくとも入荷から1〜2週間は経ったものを選ぶようするとよいみたいです。

<対策>

発病を促すことになる傷や、寄生虫がグッピーにつかない
ようにすることが大切です。

そのためには日常のケアを万全に整えておくことです。
水温が20℃以下になるとグッピーの病気の発病率が一気に高くなるので、飼育水槽の水温は常に高め(26〜27℃)に設定しておくことで予防になるでしょう。

発病すると患部がかゆくなり、水槽内のあらゆる物に体を
こすりつけたがるので、これがますます症状を悪化させる
原因になるみたいです。

発病を確認したら、岩や流木をはじめとする異物はできる
だけ取り除いてあげましょう。

<治療薬>

グリーンFマラカイトグリ−ン液メチレンブルー水溶液などの薬浴が有効です。

短時間の薬浴を数日間続ければ症状は改善するでしょう。
軽傷であれば、1%程度の塩水も効果的みたいです。

人気blogランキングにご協力ください(^_^)/~
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。