熱帯魚 グッピーの飼育【グッピーの飼育を楽しもう】
グッピーの飼育が初心者の方にもわかりやすく作りました

グッピーの病気

グッピーの病気 口ぐされ病

グッピーの病気 口ぐされ病

<症状>

グッピーの口の周りや頬のあたりに白い綿がついたようになり、餌が食べられなくなって衰弱死します。

<原因>

尾ぐされ病と同じく、カラムナリスという細菌の感染が原因です。

<対策>

細菌の感染は主に傷口から起こります。
喧嘩やスレなどによってグッピーが傷を作らないよう、飼育管理
をきちんとしておくことが大切です。

感染力がとても強い病気で、わずか数日で水槽全体に伝染する
ことも考えられるので、発見したらそのグッピーを隔離するなど
早急な対策が求められます。

<治療薬>

賞魚用パラザンDメチレンブルーなどの薬浴。初期のうちなら塩水に入れるのも効果的です。

薬浴の際、水草が枯れないよう別の水槽に移しておきましょう。


この病気はグッピーの病気の中でも感染力が強いので要注意です。
一匹なると何匹もなるみたいです。

人間の世界でいう風邪やインフルエンザですね。

人気blogランキングにご協力ください(^_^)/~
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39793569
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。