熱帯魚 グッピーの飼育【グッピーの飼育を楽しもう】
グッピーの飼育が初心者の方にもわかりやすく作りました

国産グッピー

国産グッピーの種類

国産グッピーの種類は豊富です。

今回は国産グッピーの種類を紹介します。
(写真がないのは残念です。力不足ですいませんm(__)m)

写真がなくて物足りない方も多いと思いますので、グッピー一覧が見れるページを楽天ストアで見つけてきましましたので、写真を見たい方はお手数ですがそちらで見て下さい。

★国産グッピの一覧写真を見る★


●ドイツイエロー・タキシード

体の半分が濃い色彩で染まったグッピー。グッピーの中でも、1・2位の人気を誇る。1969年にドイツから導入された。日本ではイエローよりもホワイトカラーの尾びれが好まれ、現在日本のドイツイエロータキシードはイエローではなくホワイトカラーになっている。

●キングコブラ
原型はアメリカで作出された。基調色は黄色で体にコブラのような模様が入る。

●アルビノ・レッドテール(ルチノー)
昔から存在するアルビノタイプ。メラニン色素が欠落した系統である。本種はアルビノの中でも人気が高い。

●オールドファッションファンテール
1986年にヨーロッパから導入された。柄の鮮やかさが特徴。
ピングー
1993年にヨーロッパから導入された。下半身がピンク系のパール色に輝く。タキシード遺伝子とピングー遺伝子(劣勢)で揃った場合に表現される。

●レッドモザイク
柄がグラスよりも大柄に入る。尾筒の付け根が暗色で始まる。

●ブルーグラス
日本のブリーダー(荒井氏と木島氏)が作出したグッピー。グラス遺伝子・ヘテロモルファ遺伝子・ゼブリナス遺伝子を合わせた品種。グッピーの中では1・2位を争う人気品種。尾筒の付け根は明色で始まる。

●イエローグラス
レオパードとガラスのグラスから作出されてとされている。尾びれが鮮やかなイエローに黒いスポットが特徴。

●ウィーンエメラルド
尾びれの形状が上下にソードのような形を形成しているグッピー。ボディカラーが鮮やかでソードテールに中では一番の人気。

●ネオンタキシード
背中のシルバーとメタリックブルーの単色の尾びれが美しい。ブルーの発色は不完全優勢と呼ばれる珍しい遺伝をする。ブルーグラスなどのブルーの大元である。

●アクアマリン(ジャパンブルー)
大元は、外国産のジェイドと呼ばれる遺伝子からの派生。下半身部分がライトブルーに輝くタイプを指す。

●RRE.Aアクアマリンネオンタキシード
別名ブルートパーズ(トパーズと省略される事が多い)。尾びれとボディがブルーに輝く神秘的なグッピー。RRE.Aとは目が赤いアルビノの事である。ルチノーよりもメラニン色素が薄くより赤く表現される。

●ギャラクシーブルーグラス
プラチナ遺伝子とコブラ遺伝子がYで固まった遺伝子をギャラクシーと呼ぶ。それに、ブルーグラスの尾びれを持たせた物である。

●レッドグラス
外国産グラスグッピーと国産のレッドモザイクとの交配により作出されたと言われていますブルーグラスと別種だが最近はレッドグラスとブルーグラスが混ざった子供が売られている場合がある。


★国産グッピの一覧写真を見る★

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。