熱帯魚 グッピーの飼育【グッピーの飼育を楽しもう】
グッピーの飼育が初心者の方にもわかりやすく作りました

グッピー 飼い方

グッピの飼育 日常のメンテナンス

遊びに来てくれてありがとうございます、
よかったらついでにポチっっとお願いします(@^^)/~~~


グッピーを飼育するには、日常しなくてはならないメンテナンスがあります。
このメンテナンスをしたくないという方は熱帯魚を飼育しない方がよいと思います。
熱帯魚が可哀そうですからね。

では大まかにメンテナンスの項目をあげていきます。

1、水かえ

グッピーの飼育の中でも最も重要なメンテナンスは定期的な水かえです。
水かえはグッピーの数にもよりますが、最低でも2週間に1度、できれば1週間に一度、全水量の3分の1の水を入れ替えします。
入れ替える水はあらかじめカルキ抜きをしておきましょう。

2、フィルターの掃除

フィルターの掃除は適度にキレイにしてあげましょう。
あまりキレイにしすぎると、せっかく繁殖した水質を良好に保つろ過バクテリアを激減させてしまう恐れがあります。

3、フィルター吸水箇所のゴミの除去

フィルターの吸水箇所は、水草の枯れ葉やグッピーの糞などで詰まりやすいいポイントです。
ここが詰まるとろ過能力が急速に低下してしまうので、汚れを取り除きましょう。

4、底床内のゴミ掃除

砂利の中なども長く飼育していると、細かいゴミが蓄積していきます。
これをためておくとグッピーの健康によくないので、たまに専用器具で除去します。

5、水槽まわりの掃除

水槽の外まわりは水が飛んだりして、日々汚れていきます。
この汚れを放置しすぎると、取り除けなくなるのでこまめにとりのぞきましょう。
綺麗な水槽の方が熱帯魚もキレイに観れますからね。

6、死魚の処分

可愛い熱帯魚が死んでしまうことは必ずあります。
死んだ熱帯魚を発見したら、水質が悪化しないうちにすぐに水槽から除去しなければいけません。
ピンセットなどでとり除き、土に埋めてあげましょう。


以上6点が熱帯魚の日常のメンテナンスです。
最低限この6つは定期的に行いましょう。

グッピー 飼い方

グッピー 飼育 水草について

水草は入れてあげた方が魚も落ち着くし、バクテリア等も

活性して水の状態は良くなるみたいです。

又、グッピーの稚魚等の隠れ家としても効果的です。

但し、水草をいれる場合は、必ず蛍光灯が

必要になるみたいです。

確かに以前に営業で熱帯魚ショップに営業に行ったことが

あったのですが、水草のところは蛍光灯だらけ

だった気がします。

グッピーの稚魚が生まれて水草に隠れてたことを思い出します。

僕は特に稚魚対策をしてなかったので

あれもよくなかったんだろうなと思います。

人気blogランキングにご協力ください(^_^)/~

グッピー 飼い方

グッピー 飼育 水替えについて

水槽の水替えは、水槽の大きさ、フィルターのろ過能力

グッピーの数などによって違うので一概には言えない

みたいですが、1週間に1/3〜半分は替えるのがよいみたいです。

グッピーが元気に泳がなくなったり、ひれを閉じたり、

えさを食べなくなったりしたら、水質の悪化が考えられるので

早急に水替えが必要とのことです。

この時も全部かえずに、半分位までにして新しい水

を注入する場合も、少しずつなるべく時間をかけて、

入れてあげるのがよいみたいです。

昔飼ったときはここまで気にしてませんでしたよ。

やはり生き物を飼うときはきちんと勉強してから

飼わないと、ペットが可哀想ですよね。

今度はちゃんと優しく飼ってあげるからね。

人気blogランキングにご協力ください(^_^)/~

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。