熱帯魚 グッピーの飼育【グッピーの飼育を楽しもう】
グッピーの飼育が初心者の方にもわかりやすく作りました

グッピー 繁殖

グッピーは稚魚を食べてしまう

グッピーの飼育の楽しみと言えば、やはり繁殖ではないでしょうか?
僕も昔グッピーが稚魚を出産して、すごくうれしかったのを覚えています。

しかし、グッピーのメスとオスを飼育しているのになかなか稚魚が育ってくれない。
稚魚が生まれたのに、すぐにいなくなってしまった。

グッピを飼育していてこんな経験をした人も少なくないと思う。
なぜグッピーの稚魚はいなくなってしまうのか?
グッピーの稚魚は比較的育てやすいと言われているが、やはり稚魚なのでとてもデリケートです。

水質などを常に意識してよくしてあげないと死んでしまいます。
あとは餌をちゃんとあげること。
まずこの二つはグッピーの稚魚を育てる上で最低条件です。

しかしこの二つをしっかりやっているのに、グッピーの稚魚がいなくなる場合もあります。
それはグッピーがグッピーの稚魚を食べてしまうからです。

もしあなたがグッピーの稚魚をきちんと育てて増やしていきたいのなら、妊娠しているメスを別の水槽や出産箱にわけて飼育する必要があります。

そして別の水槽などで稚魚をある程度育ててから、前の水槽に戻しましょう。
もし他の水槽に移すのがめんどうなら、水草などをたくさん入れて、稚魚の隠れる場所を作ってあげることです。

こうすることにより、多少稚魚が食べられるのを防ぐことができます。
やはりベストは出産箱などを用意して移すことです。

水草がほとんどなく、しかも大人のグッピーと一緒に稚魚を飼えば、ほぼ食べられてしまいます。
そうならない為にも、グッピーの出産のことなどをある程度勉強して知っておく必要があります。

この「熱帯魚 グッピーの飼育」でもグッピーの繁殖や稚魚の育て方について説明してありますので参考にして下さい。
熱帯魚に限らず、ペットを飼うには最低限知っておかなければいけない知識があります。

それをまったく知らないでペットを飼うことは、そのペットが可哀そうです。
自分の飼育しているペットが快適に過ごせるよう、飼育方法を勉強するのは、ペットを飼育する人の義務だと僕は思っています。
ペットの運命は僕たちにすべてかかってますからね。

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~


熱帯魚 グッピーの飼育 TOPページへ

グッピー 繁殖

グッピーがたくさん繁殖する理由

グッピーは、メスとオスをいっしょに飼育していると、どんどん繁殖していきます。
なぜこんなにもグッピは増え続けるのか?

今回はこの辺りを考えてみたいと思う。
まずグッピーが増え続ける原因として一番に考えられるのが、グッピーのオスは人間よりも女好きということです。

基本的にグッピーのオスは暇さえあれば、メスのケツを追っかけまわしてます。
まあグッピーの場合、24時間暇なわけですから、24時間女を追っていると考えても間違えではないと思います。

どうやら動物というのは暇なほど、子孫作りに励むようですね。
なんでも聞いた話によると、フィリピンの男性は仕事がなく暇な人が多いようですが、やはりフィリピンの男性も子供作りが大好きのようです。

まあ話がずれてしまいましたが、このオスの交尾好きが、グッピーの増え続ける一番の原因だと思っています。
しかもグッピーの世界では避妊がありませんからね(^^ゞ
人間の世界でも避妊の方法がなかったら今頃すごいことになってるでしょう。

しかもグッピーの場合は、一度受精するとメスは3回分くらいの出産に必要な精子をストックしておくことができるので、1回の交尾でかなりの稚魚を産むことができるんです。

このようなことがあり、グッピーはほっておくと増えていきます。
ただグッピーは、生まれたばかりの稚魚を食べてしまう習性があるので、稚魚の隠れ家などを用意してあげないと、生まれても生まれても、親グッピーの餌になってしまいますので注意が必要です。

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~


熱帯魚 グッピーの飼育 TOPページへ

グッピー 繁殖

グッピーの交尾

グッピーの交尾ってどうやるか知ってますか?
まあそんなことは知らなくても、何も問題ないんですが今回はグッピーの交尾について書きたいと思います。

鮭などの魚は皆メスが卵を産んで、そこにオスが精子をかけて受精しますが、グッピーはメスは直接子供を生みます。
ようはグッピーの場合は、交尾をしてメスのお腹の中で受精するんですね。

オスは交接器『ゴノポジウム(点点あり)』を左右に振りながら…固体によって実は利き腕ならぬ利き方向があるのですが…メスに時々接触しているようです。
オスはこの接触した時にゴノポジウムを挿入して射精しています。
オスのゴノポジウムは体に見合わずでっかいのですぐにわかるようですよ。

とこのあたりはどうでもいい話ですが、グッピーの交尾の特徴としては、メスは受精した後、3回分くらいの出産の精子をストックすることができます。

グッピーは一度受精すると、何回か出産を繰り返すということです。
この辺りはしっておくと、グッピーの出産の時に対処しやすいので覚えておいて下さいね。

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~


熱帯魚 グッピーの飼育 TOPページへ

グッピー 繁殖

グッピー 繁殖の上級編(ブリーディング)

グッピーはメスとオスをペアで飼育していれば勝手に繁殖してしまうくらい繁殖が簡単な熱帯魚です。

しかし、品種とかにこだわらずに繁殖を重ねていくと、色も薄れ体も小さくなってしまうんですね。

そこで今回は綺麗なグッピーを繁殖させるための一般的な方法を紹介します。

1、まず稚魚が生まれてオスかメスかわかった段階で、メスとオスを別々の水槽に分けて飼育します。(早い段階で分けないとメスはすぐ妊娠してしまい、好みのオスと繁殖させられなくなってしまいます)

2、分けて飼育した、オスとメスから状態がよい好みのグッピーを選び
また別の水槽に移し繁殖させる。

これを繰り返すことによって、理想のグッピーを作ることができるんですね。

この繁殖方法をするには、最低でも3つの水槽が必要になるので、本当にグッピーが好きで繁殖を楽しみたいと思わないとできないですね。

ただ本当にグッピーのブリーディングを究めようと思ったら、品種や遺伝子などを覚えないとできません。

このブログは初心者の方向けに書いているので、これ以上の事は
本などで勉強して下さい。

でも自分の選んだオスとメスの赤ちゃんはどんな綺麗なグッピーに育つんでしょうか?

考えただけでワクワクしますよね(*^_^*)


ブログに遊びに来てくれてありがとうございますm(__)m
よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~

グッピー 繁殖

グッピーって出産の時どれくらい稚魚を生むの?

グッピーは熱帯魚の中でもかなり出産が多い魚です。

グッピーが稚魚を出産する数は、月が立つにつれて増えていきます。

通常生後2か月くらいのグッピーが生む稚魚の数は10匹ほどと
言われています。

それから一か月おきくらいにグッピーは出産するのですが、だんだん
産む数が増えていき、多いグッピーでは100匹くらい稚魚を産む
場合もあるようです。

グッピーは本当に出産が多い熱帯魚なので、広い水槽でグッピーを飼うと知らぬ間に数百匹になっちゃうなんてこともあるみたいですよ。

とはいっても初めてグッピーの稚魚を見つけたときの喜びは相当嬉しいものですよね。

僕も昔興奮して、父親を呼んだのを覚えてます(笑)

ちなみにグッピーは熱帯魚の中でもたくさん赤ちゃんを産みますが、水草もあまりない水槽で、稚魚がたくさん生まれても親に食べられちゃいます。

稚魚を産ませてグッピーを増やしたいのであれば、妊娠したグッピーは別の水槽や出産箱などを用意して分けるのがよいです

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~

グッピー 繁殖

グッピー 出産までの流れ

グッピーの出産からグッピーの稚魚の飼育までの簡単な
流れを説明します。

@まず妊娠するとグッピーの雌の腹部(肛門に近い下腹部)がだんだん黒っぽい色になってくる。



A徐々にグッピーのお腹が膨らみ全体的に丸みを帯びてくる。



Bさらにグッピーの下腹部が大きく膨らみ、四角ばってくる。


Cグッピーの動きが鈍くなり時々「ピタッ」と止まったり、ガラス付近を上下に忙しなく動く。


Dこの段階まできたら、いよいよ産卵箱に移す。その後、2〜3日中には産まれる。


E稚魚が産まれたら、母親は別の水槽に移し体力を回復させる。

(産卵で疲れているので、すぐに雄と一緒にしない!)


F産まれたグッピーの稚魚を5日後ぐらいをめどに稚魚水槽に移す。

(稚魚水槽がなければそのまま産卵箱で育てる。)

以上がグッピーの出産から稚魚の飼育までの流れです。

ポイントはグッピーの稚魚が親に食べられないように水槽など
を分けることです。

この部分を手抜きするとほんとに食べられちゃいますので、
しっかり対策をしてあげましょう。 

人気blogランキングにご協力ください(^_^)/~

グッピー 繁殖

グッピーの出産について

グッピーの出産の特徴は卵を生むのではなくて、メスがお腹の
中で仔を育てて、孵化して稚魚になったものを産むという
ことです。

卵を稚魚になるまで育てるのは、メスの腹部の育児嚢と
呼ばれる部分です。
卵が受精して仔が成長すると、この部分がだんだん黒っぽい色
に変化して膨らんでくるので、出産間近であることが容易に
分かります。

それでもわからない時はグッピーの動きをよく見ると、
普段より動きがゆっくりで、時々、動きを「ピタッ」と止めたり、隅のほうを上下に動いているのがわかると思います。

この状態になると、数日中に生まれますので、種親水槽から
雌だけ別の水槽に移し変え、産卵箱の中で産卵を待つだけです。


僕もグッピの出産を経験した事がありますがすごく嬉しかった
ですね。

グッピー 飼育の中でも一番の楽しみはやはりこの出産では
ないでしょうかね。

人気blogランキングにご協力ください(^_^)/~

グッピー 繁殖

グッピー 繁殖方法

グッピーの繁殖はペアを水槽に入れておけばグッピーは黙って
いてもどんどん繁殖するみたいです。

僕は昔そんなにグッピーが繁殖してくれなかったが・・・

ただいろんな品種のグッピーを同じ水槽で飼育していると

どんどんいろんな血が混じってしまい、なんの品種か

わからない状態になってしまうみたいですね。

品種管理までしたらグッピーマニアになれそうです。

何度もグッピーの繁殖を重ねるうちに美しさがうせて

くることがみたいで、これはグッピーの遺伝子が野生に

戻ろうとする力が働くためである。

また、同じ水槽で何度もグッピーを繁殖させると血が濃くなり

奇形のグッピーが生まれる確率が高いみたいです。

繁殖は奥が深そうですがこれがグッピーか飼う楽しみ

の醍醐味ではないでしょうか?

僕はこれが楽しみでまたグッピーを飼育したいと

思いました。

昔は失敗しましたから・・・

人気blogランキングにご協力ください(^_^)/~

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。