熱帯魚 グッピーの飼育【グッピーの飼育を楽しもう】
グッピーの飼育が初心者の方にもわかりやすく作りました

グッピー 稚魚

グッピーの稚魚の餌

グッピーの稚魚は親に与える普通の餌だと大きくて食べられない
場合がある。

そこで稚魚用の餌を用意することになるのだが、一番のグッピーの稚魚に適しているのは、ブラインシュリンプの幼生でしょう。

稚魚に餌をあげるときの注意点は、ブラインシュリンプがふ化する時間
と餌をあげる時間を合わせなくてはいけないことです。

というのはブラインシュリンプはふ化して時間が立ちすぎると大きく
なって稚魚が食べられなくなってしまいます。
また栄養化も下がってしまうので、ふ化したてのブラインシュリンプを与えたいですね。

ブラインシュリンプはグッピーにとってとてもよい餌なので普段から
時々与えるなどして慣れておけば問題ないでしょう。

グッピー 稚魚

グッピーの稚魚の育て方

いろいろな面でデリケートなグッピーの稚魚を育てるには、
やはり稚魚専用の育成水槽を設けるのが理想的です。

親魚に食べられる心配がなく、餌も確実に与えられるので、
専用水槽のあるなしでは、日常の管理の負担も格段に違います。

餌についてはブラインシュリンプを沸かすことをお勧めします。
塩水も一緒に入れることによってハリ病になる稚魚を
格段に減らせます。

水質については、ph(水が汚れていると)が下がっていると
雌が多くなってしまいますので、種親水槽よりもこまめな
水換えをすることをお勧めします。


僕は昔、親がグッピーの稚魚を食べることを知らずに、そのまま
同じ水槽で飼っていたらほとんどの稚魚がいなくなってました・・

その時は死んじゃったのかなって思ってたのですが、今思えば
食べられてたんですよね。

もし水槽を別にできなくても水草などを増やして稚魚の隠れ家
を作ってあげることをお勧めします。

ちなみに小さい水槽セットなら楽天ストアとかでもかなり安く売っていますのでできるかぎり稚魚の為に用意してあげるのがよいと思います。

人気blogランキングにご協力ください(^_^)/~

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。