熱帯魚 グッピーの飼育【グッピーの飼育を楽しもう】
グッピーの飼育が初心者の方にもわかりやすく作りました

輸入グッピー

外国産グッピーの種類

シンガポールなどで輸入されてくる外国産グッピーにもいくつか種類が
ありますので紹介します。
外国産グッピーは熱帯魚を販売しているお店ではどこでも買うことができてとても安いです。

外国産グッピーの種類
(すいません。グッピーの写真を用意することができませんでした。これでは見てもつまらないと思ったので、外国産グッピーの一覧写真がみれるページを楽天から探してきましたので写真を見たい方はお手数ですがそちらから見てください)

★外国産グッピーの一覧写真を見る★


シンガポール産(東南アジア産)

●レッド・モザイク
もっともポピュラーなグッピーのひとつ。名前のとおり赤いモザイク模様がとても美しい。

●グリーン・グラス
モザイク・グッピーより尾びれの模様が細かいグッピー。

●ブラック・タキシード
体の下半分から尾びれまで雌雄同様に真っ黒になるのが特徴。

●フラミンゴ
体がフラミンゴのようなあざやかな赤色をしていることからこの名がついた

★外国産グッピーの一覧写真を見る★

外国産グッピーは国産グッピーに比べて種類が少ないですが、十分に可愛いですよね。

ただ水質の問題などもあり、飼育するにはいくつかの注意点が必要ですので注意しましょう。

輸入グッピー

輸入グッピーの特徴

輸入グッピー(外国産グッピー)とは、言葉のとおり海外(主にシンガポール)から大量に輸入されたグッピーのことです。

だいたいペットショップなんかでグッピーのペアで600円くらいで
販売されてるのは輸入グッピーです。

輸入グッピーの特徴は値段は安いが、海外の水と日本の水では水質が違うため日本の水に慣れるまでに病気にかかって死にやすいことです。

外国産グッピーは安い魚なので、輸入コストをかけないようにするため
一つの袋にたくさんのグッピーを詰め込んで運ぶため、輸入直後は病気や輸送疲れで弱っている魚が多い。

なので輸入グッピーを購入する場合はなるべく日本に来てから日にちが
たっているグッピーを選ぶ
ことをお勧めします。

逆にいえば日本の水質に慣れてしまえば外国産グッピーは非常に丈夫な魚でもあります。

よかったらポチっとクリックお願いします(@^^)/~~~




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。